FC2ブログ
facebook  Twitter  MAIL

4/16 金曜日 泉田

理工学実験レポート 大学構内における生物観察および簡単な考察
1. まるで王様のように胸をはり構内を闊歩する男、およびそれに群がる、くやしいかな繁殖能力が高そうな女。
(考察)実験の結果、中学3年生の兄が、弟の私と妹にとる態度に近似可能である。ただし繁殖能力の高そうな女の存在は無視できるほど小さいとした。
2. テニスサークル所属部員。
(考察)実験の結果、飲み会でのエネルギーと彼らの体内に生じた莫大な自己顕示欲はほぼ等価。エネルギー保存則が適用可能。先ほど、‘ほぼ’といったのは、わずかに性欲にエネルギーを注いでいる輩も居る為。個人的に動物に近く良いと思う。この場合、テニス≒ペニス。
3. ドラマの主人公のように気取った男、または少ないが女。
(考察)同じような性質をもつ生物としてエリマキトカゲがいる。己を大きく見せるため目いっぱいエリを広げる彼らと2次の微小項を無視すれば等しい。似ているようでも、金玉の皮を目いっぱい広げる、たぬきとは全く別物。大学近郊に銀玉が有る為、初学者は計算違いをしやすい。
4. 生協食堂の初老の女性。
(考察)調査の結果、マクドナルド渋谷店の店員より運動エネルギーの消費が激しい。次期ノーベル賞候補。面倒な学生の受け流し方が評価されている。
5. オーケイズ部員。
(考察)笑いという不確かな要素を追い求める人、または、動物。ここで実験を通して、オーケイズ≠面白いが判明した。ただ私の入念な実地調査によると、部室も所持しているようで、個人的には嫌いではない。
(実験結果)1~5の生物の笑顔はすべての実数において、等しい。故に、オーケイズの存在条件は(たとえ嫌いでも)客に依存する。




感動のフィナーレでした。次は、畠山Jrよろしくぅ。

「4/16 金曜日 泉田 」へのコメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

「4/16 金曜日 泉田 」へのトラックバック

http://okeisdiary.blog104.fc2.com/tb.php/9-7ce05129

プロフィール

O-keis

Author:O-keis
慶應義塾大学お笑いサークル お笑い道場O-keisのホームページです。

ご質問や出演依頼などは keiokeis@gmail.com まで!

twitter