FC2ブログ
facebook  Twitter  MAIL

リバイバル・ダイアリー

センター試験連続出場記録は3でストップ。
はい、どーも!
柴田です。

ヒキコモリの僕は、コラムのネタになるような小事件に出会えません。なので、中三の頃の書いた日記を現在の僕の文章力をもってセルフリメイクしたいと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2004/02/18 (水) ミルククルミパン

塾に向かう途中お腹が空いたのでパンを買うことにした。久しぶりの買い食いだ。

僕はどうも買い食いはイケナイコトをしている気がするのだ。だから避けていた。もしも、買い食いをしている柴田を目撃した場合は、僕にそっくりな双子の弟かドッペルゲンガーだと思われるので、「たたり神じゃ、たたり神じゃ」といったお好きなフレーズを大声でわめき叫びながら、お手持ちの散弾銃をぶっ放して頂きたい。もれなく前科がつきます。

まぁ、そのときはどうしても空腹に耐えかねなかった。神様ごめんなさい。僕は罪の十字架を背負い、昼下がりの情事にふける団地妻の背徳感を胸に抱き、ファミリーマートの自動ドアをくぐった。

まっすぐ向かった菓子パンコーナーは、僕のようなゴミに目鼻を書いたような人間とは不釣り合いなほど華やかだった。まるで誘っているような色とりどりのパッケージ、美味しそうなネーミング。もはや、そんなところに僕がいることは、場違いにも程がある。コンプレックスしか感じない。パンを買うにも買いに行く服がないとは誰の言葉だったかな。うん、僕の言葉。

しかし、コンビニの菓子パンコーナーがある種の幸福感で満たされている事実に間違いはない。死に際は菓子パンに囲まれたい、とさえ感じる。「愛する菓子パン達に看取られて幸せな最期だった。我が人生に悔い無し!!」と薄れゆく意識の中このような台詞を呟きつつ、メロンパンの走馬燈を思い浮かべ、コンビニでのたれ死ぬのが、僕の人生プランである。

まぁ、それはともかく僕はワクワク感に胸躍らせて品定めをしていた。所詮値段相応の味でしかないことは経験上分かっていながらも、どのパンにするか選ぶ時はヒジョーに悩ましい。多くの人にとってパン選びは結婚相手や進路選択より真剣なのではないか。ただパンを目の前に三者面談をするわけにもいかないので、意を決し一つのパンを手に取った。

「クルミミルクパン」。こんなにウキウキする名前があるだろうか。盆と正月がフォークダンスを踊るようなもんである。今まで散々書いてて申し訳ないが、ここでカミングアウトをすると、実は甘いパンはあんま好きじゃないっす。つまり、菓子パンが好きというより、パンが好き。特にクルミパンが好き。特に特にクリームチーズの入ったクルミパンが好きなのだ。「クルミミルクパン。ミルククリームが入ってます」。なるほど。このミルククリームとはクリームチーズのことだろう。僕は馬鹿なので、自分に都合が良いように脳内変換をし、120円という少々ブルジョワジーな価格にも躊躇せず、そのままレジへと向かった。そして、浮き足だったまま塾に行った。今日、代々木で地に足つけずに歩いている人物を見かけたら、塾に向かう僕か、絞首台に向かうドラえもんであったと思われるので、お手持ちのスルー能力で見て見ぬふりをしたあなたは正解です。

教室に入り、席に座った刹那、僕はパンにかぶりついた。デニッシュでした。もう一口、デニッシュでした。クリームチーズが偏ってるのかな。大きく、もう一口。生クリームでした。まぁミルククリームをクリームチーズだと都合の良い解釈をした僕が悪かったのだ。軽く落ち込んだが、定規で手首を切ったら、幾分気分もスッキリした。

それにしてもこのパン、クルミ的要素がない。クルミミルクパンなのに!?いや。きっと生地にクルミが練り込んであるのだ。寝る間を惜しんで生地にクルミを練り込み続けたから、母さんは死んだんだ。パンが入っていたビニールを取り上げ、声に出して商品名を読んでみた。「ミルクミルクパン」。そりゃないぜ。「牛牛丼」みたいなもんだよ、あんたのやったこと。「ミスターミスターチルドレン」ってことだよ、おいおい。せめて、「※クルミパンではありません」とか書いてくれよ。コンビニの店員もそっと教えてくれれば良いのに。おつりを渡すときに、そっと僕の手にそっと「クルミパンじゃなくてごめんね」と書いた手紙でも握らせてくれりゃあ、僕だって諦めもついただろうに。夕焼けを眺めながらつかの間の片思いをかみしめたろうに。

ミルクミルクパン、まったく罪な名前である。中学生の心をもてあそんだ、小悪魔の名前である。そして僕らはまた一つ何かを失い、大人になっていくのだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中三当時に書いたオリジナルは5行ほどの記事だったので、大人になることによって文章量を無駄に水増しするスキルを身につけたことになります。

次回は面白いことに定評がある寺澤君です。よろしく!!

「リバイバル・ダイアリー 」へのコメント

普通の中三なら「ミルククルミパンかと思って買ったらミルクミルクパンだってよwwふざけんなww」で終わるところを良くもまぁここまで。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

「リバイバル・ダイアリー 」へのトラックバック

http://okeisdiary.blog104.fc2.com/tb.php/45-ecd327aa

プロフィール

O-keis

Author:O-keis
慶應義塾大学お笑いサークル お笑い道場O-keisのホームページです。

ご質問や出演依頼などは keiokeis@gmail.com まで!

twitter