FC2ブログ
facebook  Twitter  MAIL

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕が僕らしくあるために

どうも斉藤です。細かいですが、斎藤じゃないので今後注意して下さい。



「昔はどんな事をやっていたんですか?」



そうですね、15歳の時とかはよくゴミを投げ入れていました。

友達と一緒に、トイレの個室に入ってる奴に向かって食い終わった弁当箱とかのゴミを投げ入れていました。

本当に下らないかつ迷惑極まりない行為だったと今は反省しております。

でもデブが独りでキレながら頭に紅ショウガをつけてトイレから出てきたのは良い思い出です。他にやっていた事といえば、踏切で騎馬戦とか横断歩道で反復横跳びとかくらいですね。とにかくイタズラが大好きでした。今思い出しても爆笑できる話なら語り尽くせない程あります。

そしてその面子の多くは今もこの同じ大学にいるのは腐れ縁でしょうか。



本当に程度が低くて下らなくて申し訳ないです。

でも今思えばあんな日々ですがとても楽しかったです。そして今とても懐かしいです。

もうあの頃に戻れないんだと思うと、たまに淋しくて寂しくてたまらなくなる時があります。



大学に入り心身ともに成長し、一歩一歩大人に近づいていく・・・

多くのものを手に入れる一方で、何か大切なものを失っていく日々・・・

そんな事をしみじみと感じつつある、今日この頃で御座います。



まあそんな身の上話はおいといて、回は世にも奇妙なハートフルストーリーをしたいと思います。



恐らく皆さんの大半が乗ったことあると思われる、東急東横線での話なんですが。



その日の電車は割と混んでて、僕はある座席の前に立っていました。



そんで僕の目の前に、いかにもこれから競馬場に行くつもりっていうちょっと小汚い格好のオッサンが座っていたんですよ。今日の勝ち馬を必死に予想していたのか、熱心に競馬新聞を読み込んでましたよ。



そしてそのオッサン、帽子を被っていたのですが、おやまあ何と珍しいことにゴキブリのブローチを頭に付けているではありませんか。



初めは「え?こんなブローチあるのかよ・・・本物じゃねーの?」

と思っていてじっと見ていたんですが、一切ピクリともせずジッと帽子に止まっているんです。動かざること山の如し、徐かなること林の如しっていう風林火山の半分は満たしている程に全く微動だにしていなかったんで、さすがにブローチとか飾り的なsomethingだろうと納得した、まさにその時です。





何と・・・

あら不思議。ブローチの触角が前後に動いているではありませんか。



「モノホンじゃねーか!!!!!」



非常にビビりかつ焦った僕は、優しくオッサンに小声で教えてあげました。



「頭に・・・ゴキブリが付いてますよ。」



するとですね。オッサンは何も言わずにサッと素早く帽子を取り、帽子を握ったまま下を向いていました。

しかし、だからと言ってゴキブリを隠す訳でも無く、ゴキブリは周りから完全に見える位置で帽子の上にジッとくっ付いているまま。



「このオジサン、為すべき手段が無いのかな?」



そう思った僕はティッシュを一枚差し上げました。



するとオッサンはやはり何も言わず、ティッシュをゴキブリの上で隠すように包み、相変わらず下をうつむきながら黙りこくっていました。



そして次の駅に着くと、転がり落ちるように、逃げ出すように降りて行きました。



「一体あれは何だったのだろう?」

「ゴキブリが帽子に乗っかってる事などそもそも有り得るのだろうか?」

「あれはあのオッサンが飼っていたものではないだろうか?」



様々な思いが僕の脳裏を過ぎりました。あらゆる事、そして可能性を考えました。



しかし、今僕が言えるのはたった一つ。



あれは僕とオッサン、そしてゴキブリを巡る、一瞬の中で起きた奇跡だったと。



さてそんな心温まるハートフルストーリーをお届けしましたが、次はどんな感動話が登場するのでしょうか。O-keisの最終兵器こと、畠山さんお願いします。

「僕が僕らしくあるために 」へのコメント

AVみたいな感じで始まったと思ったらゴキブリの話か

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

「僕が僕らしくあるために 」へのトラックバック

http://okeisdiary.blog104.fc2.com/tb.php/43-7b415ac1

プロフィール

O-keis

Author:O-keis
慶應義塾大学お笑いサークル お笑い道場O-keisのホームページです。

ご質問や出演依頼などは keiokeis@gmail.com まで!

twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。