FC2ブログ
facebook  Twitter  MAIL

真のリア充について

コラムに書くようなネタがないです…。
平凡な生活をしています。皆さん素晴らしいコラムを書いているのにごめんなさい。

*リア充度チェックテスト*

当て嵌まるものの数を数えよう。

1.最低週5で合コンをしている。

2.髪は茶髪というより金髪だ。

3.ここだけの話、4股をかけている。

4.友達100人とかまじでハードル低いし。

5.終電に間に合うとかなんて真面目なんだ!

6.授業は殆ど出ていない。

7.というか、キャンパスが何処にあるか知らない。

8.遊び過ぎて留年しそうだ。

9.しかし、勉強する気はない。

10.というか、筆記具を半年以上使ってない。


0個:あなたは真面目な人だ!

1~3個:あなたは普通のリア充だ!

4~6個:あなたはハイレベルなリア充だ!

7~9個:あなたはリア充の神だ!

10個:あなたはただのチャラい人だ!

しょうもない感じになりました。勘弁して下さいm(__)m

次回の北原さんに期待します。宜しくね。
スポンサーサイト



しょっぱい話

こんにちは。五十嵐です。一応オーケイズの副代表とスタッフ長をやっています。最近はキャンパスが変わってしまい、しかも平日は常に4限ずつ入っているという状態のためなかなかミーティングに参加できずにいますが…いやマジですいません。
さて、神村くんのコラムの振りを受けて、私の男性遍歴(ただしほぼ二次元)のことを赤裸々に綴ろうかと思いましたが、オーケイズ倫理委員会に引っかかる気しかしないので、というかマジで誰得なので控えるとして、っていうかたける君って誰だよ!聞いたことないよ!私の元カレはけいすけ君だよ!やかましいわ!

まあそんな至極どうでもいい話は置いておくとして、じゃあどうでもよくない話って何だよって言われるとそれはそれで困るわけで、でもこういう場を借りるからには多少なりとも実のある話をしたいわけです。涙無しには聞けないハートウォーミングストーリーとか、合宿の夜に突然始まる百物語に使えそうな洒落にならないほど怖いコピペとか。
でもハートウォーミングストーリーはこの記事ひとつじゃ収まりきらないし、怖いコピペは私がいつかオーケイズの合宿で後輩をちびらせるために心にしまっておきたいので、やはりここはひとつしょっぱい青春論でも語ろうかと思います。

オーケイズを見回してみると何となく思うんですけど、多分お笑いをやりに来る、もしくはその手伝いをしに来る人には、どちらかと言えば、うまくやれない人が多いのでは、という気がします。
何をうまくやれるかっていうと、それは人との距離の取り方です。ちなみに私はうまく取れない方です。
私は中学高校と女子校にいたのですが、そこでいつも思っていたのは、他の子が呼吸するみたいに当たり前に出来ていることが、どうして自分には出来ないのだろう、ということです。
休み時間に跳ね上がる笑い声を聞く度、違和感しか覚えませんでした。身体を並べてファッション雑誌をめくったり、学校帰りにプリクラを撮ったり、そういうことに全く楽しさを見出せなかったのですね。そういうことに楽しそうに興じている友だちを見ると、羨ましくてなりませんでした。

平均台にたとえてみましょう。皆、平均台の上から落ちることなく、きれいに上手に歩いていました。私は落ちる人でした。他にも平均台から落ちている人がいて、その落ちた人同士のコミュニティもあるにはあるけれど、そこに入るのも何やら嫌な感じがして(劣等感が強すぎたんですね、あと中高時代の妙なプライドが悪い方に働きました)、かと言って上手に歩ける人のコミュニティに入れないのも分かり切った話でした。
正直に言えば、平均台の上によじ登ろうとしたこともあるにはあります。けれど失敗して身体を強く平均台に打ちつけてしまったから、私は余計に平均台を恐く思うようになりました。だから私は平均台の足元でしゃがんでぼんやりすることしか出来ませんでした。

大学に入って思ったのは、大学というのは、本当に、平均台を歩くことの上手下手が浮き彫りになる場所だということです。上手だととてもまぶしく輝けるけれど、下手だと転んでしまう一方です。
しかし、大学には、転んでしまって開き直る人もあれば、転んでも立ち上がって頑張ろうとする人もいます。それはそれでちゃんと評価される場所でもあるのです。それはすごく救いのあることです。

下手な人は、どうしようもない孤独感に途方に暮れることもあると思います。私は途方に暮れました。結局何が言いたいのかと言うと、もしオーケイズに入っていて、どうしようこれ、みたいな気持ちになってしまった時、私で良ければ話し相手ぐらいにはなりますよ、ってことです。
お前なんかと話しても何の役にも立たねえよって言われたらそれまでだけど。けれど、そのさびしさを理解して共有することが出来るって言うのは、それなりになぐさめになるんじゃないかな、とも思うから。

うーん、やっぱり思考を言葉に表すのは簡単なようで難しいですね。これはよく考えている、私にとっては全くどうでもよくない話なんですが…何だか当たり前すぎることを言っていて、それでいてどこか分かりずらい、妙なコラムになってしまいました。
無念ですが、とりあえず私の話はこれで終わります。

次は最近性格が明るくなったと評判の藤木さんにお願いするとしましょう。

五月…

どうも。
ちゃんとサークルに行けば2年No.1ツッコミになれると目されているが、最近地味に結構サークル行ってるのでポテンシャルの天井がこんなもんだと噂されるトリケラとプス神村です。

まず何故コラムをわざわざ5月まで滞納して書かずにとっておいた理由をお話しましょう。



面倒くさかったからです。



さて、小学校一年生の時に既に日焼けしていたためクラスの高橋くんから「インド人」と呼ばれ真剣に悩み、挙げ句の果てに小学校一年生ながらにして両親にインド人夫妻に人身売買される夢をみたことでお馴染みの神村ですが、

若干相方探してます。

何故かと云えば去年4限からしか出ないことでお馴染みの相方サガサキ君が三田にいき、まさかの80単位申請をかましてしまい、なかなかあえない状況なのです。
落研との交流戦も事前のネタあわせ0、当日出番がくるまでにやった程度で、このままではSkypeでしかネタあわせしない、スカイポゥ芸人になってしまいます…

なので日吉にいる感じの方で相方若干探してます。若干ですw
若干新入生でもいーです…
若干。



次はなんちゃって副代表の五十嵐さんです。元カレたける君との赤裸々な日々を晒しあげてくれるそうです。ご期待あれノシ

オーケイズについて

この前の韓国料理屋会談で僕の考えが全く伝わっていないことが判明したのでコラム書きます。
オーケイズはこのままの状態なら別になくなってもいいと思います。なぜなら、なくなっても誰も困らないからです。よく僕もテニサーはクソやとか言いますけど、冷静に考えたら自分も好きなことして、楽しんでるだけで馬鹿にしてる人たちと何にも変わりないってことを最近よく思います。
楽しければいいんやけど、オーケイズの活動も、留年してみたり、他の大学のライブを見て、どんぐりの背比べをして、胡散くさい大会に出て、一喜一憂してみたり、お客さんがほとんどいないライブでマスターベーションに近い漫才とかしてみたりってな感じで、外でテニスしてコールして飲みつぶれてるのと大差ない気がします。オーケイズはできて間もないからこれだけの活動ができるってだけでも凄いことなんかもしれんけど。
僕は、新入生とか友人に、『お笑いサークルって何してる?』って聞かれて胸を張って言える活動がないです。
特に最近は病気とか就活で、いかに自分が好きなことだけをしてるかって気がつきました。
さっき言ったような活動が無駄だとは言わないけど、年をとった4年生から見ると、どうも迫力不足というか、自己満足というか、そんな感じがします。
だからどうすべきか?
僕は、これからは親のいない子供のいる児童福祉施設とか老人ホームとか笑いが少ない気がする場所に行って笑いを取りたいです。もうカワイイ女子を笑わせても何もいいことないことがわかったので。ただ、ボランティア精神とかいうのも嫌いなんで、働きに応じて見返りはもらってもいいと思うし、もらえるように努力します。
こんな活動だったら、他の阿呆な学生にはできないことなんで、エドハルミばりに、ぐぅぐぐぅだと思います。
こういうオーケイズなら、なくなったら困る人が出てくるし、読売新聞の記事に載るのではないでしょうか?
ただ、これは4年生が勝手に言ってることやし具体的な案とか何もないので、今仕事を多くしてくれてる人たちが賛同してくれないと実現は難しいと思います。こういう活動を少しずつ増やして欲しいという願望です。
皆も4年生になったら、自己満足ではなく、他者と関わらなければ、つまり、マスターベーションじゃなくてセックスしなければと考えるようになると思うので、今からオーケイズを通して少しずつ活動、つまり腰をふっといて損はないと思います。

プロフィール

O-keis

Author:O-keis
慶應義塾大学お笑いサークル お笑い道場O-keisのホームページです。

ご質問や出演依頼などは keiokeis@gmail.com まで!

twitter