FC2ブログ
facebook  Twitter  MAIL

その時シスタスが生まれた

こんにちは。
シスタスの帰国子女の方の上野です。

今回は、人間なら誰しもが気になるお笑いコンビ“シスタス”の歴史を書かせていただきます。


2008年 4月
ある団体の新歓で高橋と上野は知り合う。高校の友達と参加した上野。一人で参加した高橋。偶然同じテーブルだった二人は意気投合。新歓パーティー後に何人かと夜飯を食べる。アドレス交換をし、別れた二人。高橋はその夜、いい夢を見る。


2008年 夏
上野は高橋にメールをする。高橋がどこのサークルにも入っていないことを知る。その日の夜、上野は9時半に寝る。


2008年 11月
上野はニューヨークのタクシー内で携帯を置き忘れる。その時の上野は、「あんなにタクシーって早く去って行くんだね」と有名なフレーズを残す。


2008年 12月
上野は高橋を知る友達から高橋のアドレスを聞く。しかし、メールはせずに2008年を終える。その年、上野家にサンタは来なかった。


2009年 1月
新年の目標を“challenger”と掲げた上野は唐突に「お笑いに興味ある?コンビ組もうぜ」と高橋へauの携帯からメールする。返信メールがとても早かったと当時の上野は語る。返信内容は「興味ある!」そして数えきれないほどのビックリマーク。「あんなにビックリマークをメール内に入れて法的に大丈夫なのですね」とカルチャーショックを受ける上野。高橋は一年で許されるビックリマーク数をその日に全て使ってしまったことを当時のクラスメイトに話している。二人の“その時”まで後10日。


2009年 その時
上野はコンビ名の候補をいくつか携帯のメモ帳に書きこんでいた。名前は全て花の名前。上野は花言葉でコンビ名を探していたのである。彼は以外とロマンチストだった。
たまたま日吉メディアで再開した二人。上野の第一候補は“ライラック”。花言葉“再開”。ちゃんと再開したのは約10ヶ月ぶりだったからである。
高橋の候補の一つに“ピーマンブラザーズ”。上野の顔から笑みが消えたことは書くまでもないだろう。
候補リストの中に高橋の目に止まったものがあった。“シスタス”花言葉“人気”。うなずく二人。その時シスタスが生まれた。



その後、期末試験が終わった2月、菊名の線路横の駐車場で立ち稽古を週一のペースで行うシスタス。

そして4月、シスタスのO-keisライフが始まる。

以上です。
お楽しみいただけましたか?



次は山本くんお願いします。
スポンサーサイト



世界の皆さん、おはこんばんちは

どーも、結婚したい芸能人は

にしおかすみこ



商学部2年の高橋和也です。



学外ライブは参加された演者、スタッフのみなさんお疲れさまでした。





えーいきなりですが僕の生き方について。
重いな!笑

僕は以下の4つのことをモットーにして生きてます。

・妬まない
・怒らない
・愚痴らない
・人の悪口を言わない

上の3つは「三毒追放」という仏教の教えなのですが、
悪口を言わないというのは個人的に付け加えたものです。

僕自身出来ているわけではないのですが…

僕はなんや派閥とかいうのも嫌いです。
そんなことしても足の引っ張り合いになるだけだと思ってしまうからです。
今の与野党を見てても相手の失策に乗じてるようにしか見えません。そしてその中にも派閥は生まれていきます。

プラスのベクトルが生まれるのは、敵対的関係にあるものが内部ではなく外部にあるときだというのが、僕の持論です。



何が言いたいかというと、
がんばりましょうということです(`・ω・´)ノ



あとシスタスの相方、ホクロ上野と仲いいなとか言われるけど別にそんなことはないと思います(笑)
誰に対してもあんな感じです。

普段からコミュニケーションがなければ面白いものは生まれないと思っているし、ナイナイ矢部さん(うちの矢部ではない)の名言に、
「ボケがツッコミ嫌いになってもええけど、ツッコミがボケ嫌いになったらあかんのや」
という言葉があります。



むしろ相方でなければ、
普段の俺ならば
あまり友達になりたくないタイプです(笑)



だから特別仲がいいというわけではないと思うんです。

あ、次ですか?

えぇ…ホクロ上野さん、お願いします(笑)

お笑いを始めた理由

どうもー、Okeis1年の橋本です。


皆さん思い思いに語ってる中、僕はタイトルを与えられました。

「お笑いを始めた理由」。お笑いが好きだから。

そうなんです、ただそれだけなんですけどね。

小さい頃からひょうきん者で、みたいなことはありますけど、中学校ぐらいからお笑いを見だして、これはいい!と。

何となく周りを笑かしてたのが、いつしか快感になりました(笑)。

高校2年の時に、「プロになりたい」って思いだし、毎日お笑いを見てて、舞台に立っておかないといけないと思ったので、Okeisに入りました。

可能な限り舞台にとにかく出て、バイトして金貯めて、自腹で再来年に養成所入ろうと思ってます。

留年とかたぶんしますけど、高校の時に3者面談ほぼ皆勤賞(1回を除く)だったので、どっ
ちにしろみたいなことで自然留年という形になると思います。

そんな自分を、どうぞあたたかく見守ってやって下さい。

次は、声の大きい高橋君です!

mixi

こんばんは、三宅亨知です。

今日の朝、mixiというのに手を出しました。

そこで小学校時代の同級生を発見しました。

卒業以来一度も会っていない人です。

僕は驚きました。その人はすでに結婚していました。

喜ばしいことだと頭では分かっているのですが、今日は朝から複雑な気分です。

サッカー日本代表は圧勝でしたが、僕は何故かそんなに嬉しくないです。




ちょっと変な事を書いてしまったので、

橋本君、なんとかしてください。

プロフィール

O-keis

Author:O-keis
慶應義塾大学お笑いサークル お笑い道場O-keisのホームページです。

ご質問や出演依頼などは keiokeis@gmail.com まで!

twitter